交通事故の慰謝料について

交通事故の被害にあった際には、治療費の請求をすることが出来る点はもちろん、それに加えて、慰謝料の請求をすることが可能になります。具体的に請求することが出来る慰謝料としては、主にこれらが挙げられると言えるでしょう。

まずは、交通事故が起こったことで被った、精神的被害に対しての慰謝料です。例えば、交通事故によってPTSDが発生したという場合や、交通事故が起こったことで車が怖くなってしまったという場合など、せめてもの謝罪の一環として発生するお詫びを込めたお金のことを指すと言えるでしょう。

次に、交通事故が起こったことで発生した、実質的被害に対しての慰謝料です。例えば、入院をすることになってしまったため仕事に行くことが出来ず、その分今月分の給料をもらうことが出来なくなってしまったという場合や、後遺症が残ってしまった仕事を変えざるをえなくなってしまったという場合、重要な仕事の話が交通事故で無くなってしまい、損失を被ったという場合など、実際に交通事故が起こったことで得ることが出来なかった分の収入や、被った損失分を合わせて慰謝料として請求することが出来るパターンが多いと言えるでしょう。

このように、治療費に加えるとあまり具体性がない部分も大きいとは言えるものの、こうした費用によって和解に応じることが可能であると言っても過言ではありませんので、加害者側としっかり交渉をして金額を決めていく必要があると言えるでしょう。vv